ピラティスとヨガの違い | ピラティス美人になるために

人気のピラティスDVDのランキングはこちら

ピラティスとヨガの違い

ピラティスとヨガはよく似ているといわれるのですが、これら2つは全く違うエクササイズです。

まず、呼吸法が違います。

ヨガは腹式呼吸であるのに対し、ピラティスは胸式呼吸なのです。

胸式呼吸とは鼻で吸って口で吐くという呼吸で、肋骨を広げるような感じで呼吸します。

このように、呼吸法が違うと使う筋肉も違ってきます。

また、ヨガは一定時間手を合わせ体を静止させますが、ピラティスは常に体を動かして流れるような動作をします。

ここもピラティスとヨガの大きな違いです。

さらに、ピラティスは「インナーマッスル」という身体のコアな筋肉を中心に鍛えるエクササイズです。

コアな筋肉とは尾てい骨から頭蓋骨までを貫くラインと骨盤周辺の筋肉のことで、
私たち人間が普段生活をしていて、まず鍛えることのありません。

このように、ピラティスでは普段鍛えることのないコアな筋肉を鍛えることができます。