コアな筋肉の鍛え方 | ピラティス美人になるために

人気のピラティスDVDのランキングはこちら

コアな筋肉の鍛え方

ピラティスにおいて、コアな筋肉(インナーマッスル)を鍛えるのが非常に大切です。

では、具体的にどうやって鍛えればいいのでしょうか?

まず、足を肩幅程度に開いて立ち、両手を下腹部にあてます。

次に、息を吐きながら骨盤の底からゆっくり真上に上昇するようなイメージで、
骨盤底にある筋肉を下から引き締めていきます。

おへそを背中にくっつける感じです。

この時、体の深部にある腹横筋や脊柱起立筋群の中の多読筋が働いています。

息を吸う時は、おへそや骨盤底の筋肉をもとに戻すような感覚で力をゆるめましょう。

初めは慣れないと思いますが、徐々にコアな筋肉(インナーマッスル)を動かす感覚がつかめるはずです。

今まで意識することがなかった筋肉を鍛えると、体の内側から健康的になっていくのを実感できます。