お役立ち知識

ピラティスとヨガの違い

投稿日:2017年5月18日 更新日:

ピラティスとヨガはよく似ているといわれるのですが、これら2つは全く違うエクササイズです。

まず、呼吸法が違います。

ヨガは腹式呼吸であるのに対し、ピラティスは胸式呼吸なんです。

胸式呼吸とは鼻で吸って口で吐くという呼吸で、肋骨を広げるような感じで呼吸します。

このように、呼吸法が違うと使う筋肉も違ってきます。

また、ヨガは一定時間手を合わせ体を静止させますが、ピラティスは常に体を動かして流れるような動作をします。

ここもピラティスとヨガの大きな違いです。

さらに、ピラティスは「インナーマッスル」という身体のコアな筋肉を中心に鍛えるエクササイズです。

コアな筋肉とは尾てい骨から頭蓋骨までを貫くラインと骨盤周辺の筋肉のことで、
私たち人間が普段生活をしていて、まず鍛えることのありません。

このように、ピラティスでは普段鍛えることのないコアな筋肉を鍛えることができます。

-お役立ち知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

筋肉バランスについて

ピラティスでは、「体幹」と呼ばれる部分を安定させることが一番大切だと言われています。 体幹とは、頭と手足を除いた状態で首の下から恥骨までの部分のことです。 ピラティスによって得られる健康と美容効果はこ …

ピラティスの人気の秘密

ピラティスが女優やハリウッドセレブなど多くの女性から支持される理由として、 苦しいトレーニングやハードな運動をしなくてもよいということが挙げられます。 普通トレーニングならマシンや特別な道具を使うと思 …

従来のエクササイズとの違い

従来のエクササイズのほとんどは、体の表面の筋肉だけを鍛えるものであったのに対し、 ピラティスは、体の深いところにある目に見えないコアな筋肉を鍛えます。 たとえば、骨盤や背骨のまわり、腹部の筋肉などです …

筋肉バランスが崩れると?

筋肉バランスが崩れるとどうなるか、木を例にご説明いたします。 もし、木の右側部分だけ太陽があたると左側が反ってしまいます。 つまり、片面しか太陽が当たらないと木は真っ直ぐ育たないのです。 それは私たち …

コアな筋肉とは

体幹を安定させて、理想のボディを実現するためにはコアな筋肉(インナーマッスル)に目を向けることが必要です。 コアな筋肉とは私たちが普段鍛えることのない筋肉のことで、体の奥深いところに存在しています。 …