お役立ち知識

深くゆっくりと呼吸する

投稿日:2017年5月18日 更新日:

ピラティスのエクササイズ中は絶対に呼吸を止めずに、深くゆったりした呼吸を心がけてください。

息を吸うときはお腹を膨らませないように、鼻→胸→脇→背中の順に空気をいっぱい吸い込みます。

逆に、息を吐くときは骨盤底の筋肉の引き締めを意識するようにして、
おへそを背中にくっつける感じでゆっくりと吐いてください。

この方法で呼吸すると、横隔膜がしっかりと上下するので腹筋が鍛えられ、全身の代謝も活発になります。

つまり・・・

ピラティスでは、お腹をへこませた状態で深くゆっくりと呼吸します。

また、ピラティスでは体に意識を集中させるために、ゆっくり動くことが大切です。

体のコアにある筋肉や骨盤、脊柱の動きをじっくりと感じながらエクササイズしましょう。

そして、ピラティスは量よりも質を重視するので絶対に無理をしてはいけません。

時間の長さや回数の多さより、ピラティスをちゃんと続けていくことが大切です。

-お役立ち知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コアな筋肉とは

体幹を安定させて、理想のボディを実現するためにはコアな筋肉(インナーマッスル)に目を向けることが必要です。 コアな筋肉とは私たちが普段鍛えることのない筋肉のことで、体の奥深いところに存在しています。 …

ピラティスの必須項目

  バランスのよい食生活 ピラティスをするにあたって心がけてほしいことは、バランスのよい食生活です。 偏ったダイエット食では、真の美しいボディを作ることはできません。 なので、毎日の食事には …

ピラティスが目指すところ

ピラティスとは深い呼吸にあわせて骨盤・背骨・体幹を調整し、身体のコアの筋肉を強化していくエクササイズです。 1990年代初頭、ドイツ人のジョセフ=ピラティス氏がリハビリ用プログラムとして考案しました。 …

ピラティスの人気の秘密

ピラティスが女優やハリウッドセレブなど多くの女性から支持される理由として、 苦しいトレーニングやハードな運動をしなくてもよいということが挙げられます。 普通トレーニングならマシンや特別な道具を使うと思 …

ピラティスとヨガの違い

ピラティスとヨガはよく似ているといわれるのですが、これら2つは全く違うエクササイズです。 まず、呼吸法が違います。 ヨガは腹式呼吸であるのに対し、ピラティスは胸式呼吸なんです。 胸式呼吸とは鼻で吸って …