お役立ち知識

ピラティスが目指すところ

投稿日:2017年5月18日 更新日:

ピラティスとは深い呼吸にあわせて骨盤・背骨・体幹を調整し、身体のコアの筋肉を強化していくエクササイズです。

1990年代初頭、ドイツ人のジョセフ=ピラティス氏がリハビリ用プログラムとして考案しました。

今ではダンサーのパフォーマンス向上やモデルのプロポーション維持のためなどにも活用されており、
ハリウッド女優たちの間でも「素晴らしいプロポーションを保つ効果がある!」として話題になっています

ピラティスは多くの女優さんやファッションモデルなどが行っているエクササイズ法ですが、
決して「モデルさんみたいに細くなってやるんだ!」といきらないでくださいね。

いわゆる「モデル体型」を目指してピラティスを行うのは間違いです。

ピラティスの目指すところはファッションモデルのような体型になることではありません。

重要なのは、自分の体型にあった美しさを作り出すことです。

実際、痩せることばかりを目標にエクササイズを行い、体調をくずしたり、
思いどおりに痩せることができずに自信を失ってしまう人もいます。

それでは意味がありません。

確かに、誰にだって憧れのスタイルはありますがそれは参考程度にしておいてください。

なぜなら、私たち人間は顔の形、手足の長さ、骨格どれも全く同じなんてことはありえません。

なので、自分の体型にあった美しさを磨くことに集中するようにしましょう。

ピラティスが目指すところは、ある特定のパターンに自分の体を合わせることではありません。

大切なのは、自分が生まれつきもっている体型の個性をいかした体づくりです。

自分らしい自然な美しさを磨くことが何より大切なのです。

-お役立ち知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

深くゆっくりと呼吸する

ピラティスのエクササイズ中は絶対に呼吸を止めずに、深くゆったりした呼吸を心がけてください。 息を吸うときはお腹を膨らませないように、鼻→胸→脇→背中の順に空気をいっぱい吸い込みます。 逆に、息を吐くと …

コアな筋肉の鍛え方

ピラティスにおいて、コアな筋肉(インナーマッスル)を鍛えるのが非常に大切です。 では、具体的にどうやって鍛えればいいのでしょうか? まず、足を肩幅程度に開いて立ち、両手を下腹部にあてます。 次に、息を …

ピラティスとヨガの違い

ピラティスとヨガはよく似ているといわれるのですが、これら2つは全く違うエクササイズです。 まず、呼吸法が違います。 ヨガは腹式呼吸であるのに対し、ピラティスは胸式呼吸なんです。 胸式呼吸とは鼻で吸って …

従来のエクササイズとの違い

従来のエクササイズのほとんどは、体の表面の筋肉だけを鍛えるものであったのに対し、 ピラティスは、体の深いところにある目に見えないコアな筋肉を鍛えます。 たとえば、骨盤や背骨のまわり、腹部の筋肉などです …

筋肉バランスが崩れると?

筋肉バランスが崩れるとどうなるか、木を例にご説明いたします。 もし、木の右側部分だけ太陽があたると左側が反ってしまいます。 つまり、片面しか太陽が当たらないと木は真っ直ぐ育たないのです。 それは私たち …