お役立ち知識

筋肉バランスが崩れると?

投稿日:2017年5月18日 更新日:

筋肉バランスが崩れるとどうなるか、木を例にご説明いたします。

もし、木の右側部分だけ太陽があたると左側が反ってしまいます。

つまり、片面しか太陽が当たらないと木は真っ直ぐ育たないのです。

それは私たち人間においても同じことです。

一部分だけの筋肉を鍛えていては、体幹部にある筋力バランスが悪くなり、
ボディラインがくずれ、骨格や内臓にまで悪影響を及ぼしてしまいます。

つまり、木が真っ直ぐ育たないこと同等のことが私たち人間にも起きてしまうのです。

そして、骨格や内臓に歪みなどの悪影響が生じると、
多くの方が悩んでいる腰痛や肩こりといった体の不調の原因となります。

例えば、背中の筋肉は鍛えているが胸部や腹筋は鍛えていないとします。

この場合、背筋に比べて胸部や腹部の筋肉が弱いので、背中が丸まってしまい、
自ずと腰に負担をかける姿勢になってしまい、最終的には腰痛に悩まされることになるのです。

-お役立ち知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

姿勢を正すことが大切

ピラティスをする上で重要になのが、姿勢です。 姿勢が良くなると骨格が正常になり、筋肉が柔らくなります。 また、神経やホルモンの働き、血液の循環も良くなります。 もし、悪い姿勢のままピラティスを行うと、 …

深くゆっくりと呼吸する

ピラティスのエクササイズ中は絶対に呼吸を止めずに、深くゆったりした呼吸を心がけてください。 息を吸うときはお腹を膨らませないように、鼻→胸→脇→背中の順に空気をいっぱい吸い込みます。 逆に、息を吐くと …

ピラティスの人気の秘密

ピラティスが女優やハリウッドセレブなど多くの女性から支持される理由として、 苦しいトレーニングやハードな運動をしなくてもよいということが挙げられます。 普通トレーニングならマシンや特別な道具を使うと思 …

ピラティスが目指すところ

ピラティスとは深い呼吸にあわせて骨盤・背骨・体幹を調整し、身体のコアの筋肉を強化していくエクササイズです。 1990年代初頭、ドイツ人のジョセフ=ピラティス氏がリハビリ用プログラムとして考案しました。 …

従来のエクササイズとの違い

従来のエクササイズのほとんどは、体の表面の筋肉だけを鍛えるものであったのに対し、 ピラティスは、体の深いところにある目に見えないコアな筋肉を鍛えます。 たとえば、骨盤や背骨のまわり、腹部の筋肉などです …