お役立ち知識

コアな筋肉とは

投稿日:

体幹を安定させて、理想のボディを実現するためにはコアな筋肉(インナーマッスル)に目を向けることが必要です。

コアな筋肉とは私たちが普段鍛えることのない筋肉のことで、体の奥深いところに存在しています。

そして、それらは体の芯から皮膚に向かって層のように重なっています。

では、なぜそんな体の奥深くに存在している筋肉が重要なのか?

それは、体幹部の中でも特に重要なパーツである脊柱と骨盤がコアな筋肉によって支えられているからです。

コアな筋肉が弱ると、当然、脊柱や骨盤にも悪影響を及ぼします。

例えば、姿勢が悪くなったり、お尻がぽこっと出てしまったり、その他にも腰痛や肩こり、
冷え症といった様々な体調不良を引き起こしてしまうのです。

私たち人間の体には釣620もの筋肉があり、自分の意志で動かせる随意筋と、
自分の意思では動かせない不随意筋とに分別できます。

ピラティスで鍛えようとしているのが、随意筋の中でも体の深部にある鍛えにくい筋肉で、
普段の生活ではまず使うことのない筋肉とも言えます。

この筋肉を鍛えて、美しく健康的な体を作り出すのがピラティスなのです。

-お役立ち知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ピラティスが目指すところ

ピラティスとは深い呼吸にあわせて骨盤・背骨・体幹を調整し、身体のコアの筋肉を強化していくエクササイズです。 1990年代初頭、ドイツ人のジョセフ=ピラティス氏がリハビリ用プログラムとして考案しました。 …

ピラティスとヨガの違い

ピラティスとヨガはよく似ているといわれるのですが、これら2つは全く違うエクササイズです。 まず、呼吸法が違います。 ヨガは腹式呼吸であるのに対し、ピラティスは胸式呼吸なんです。 胸式呼吸とは鼻で吸って …

姿勢を正すことが大切

ピラティスをする上で重要になのが、姿勢です。 姿勢が良くなると骨格が正常になり、筋肉が柔らくなります。 また、神経やホルモンの働き、血液の循環も良くなります。 もし、悪い姿勢のままピラティスを行うと、 …

深くゆっくりと呼吸する

ピラティスのエクササイズ中は絶対に呼吸を止めずに、深くゆったりした呼吸を心がけてください。 息を吸うときはお腹を膨らませないように、鼻→胸→脇→背中の順に空気をいっぱい吸い込みます。 逆に、息を吐くと …

筋肉バランスについて

ピラティスでは、「体幹」と呼ばれる部分を安定させることが一番大切だと言われています。 体幹とは、頭と手足を除いた状態で首の下から恥骨までの部分のことです。 ピラティスによって得られる健康と美容効果はこ …