お役立ち知識

コアな筋肉の鍛え方

投稿日:2017年5月18日 更新日:

ピラティスにおいて、コアな筋肉(インナーマッスル)を鍛えるのが非常に大切です。

では、具体的にどうやって鍛えればいいのでしょうか?

まず、足を肩幅程度に開いて立ち、両手を下腹部にあてます。

次に、息を吐きながら骨盤の底からゆっくり真上に上昇するようなイメージで、
骨盤底にある筋肉を下から引き締めていきます。

おへそを背中にくっつける感じです。

この時、体の深部にある腹横筋や脊柱起立筋群の中の多読筋が働いています。

息を吸う時は、おへそや骨盤底の筋肉をもとに戻すような感覚で力をゆるめましょう。

初めは慣れないと思いますが、徐々にコアな筋肉(インナーマッスル)を動かす感覚がつかめるはずです。

今まで意識することがなかった筋肉を鍛えると、体の内側から健康的になっていくのを実感できます。

-お役立ち知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コアな筋肉とは

体幹を安定させて、理想のボディを実現するためにはコアな筋肉(インナーマッスル)に目を向けることが必要です。 コアな筋肉とは私たちが普段鍛えることのない筋肉のことで、体の奥深いところに存在しています。 …

3つの重要キーワード

ピラティスの重要ポイントを、3つのキーワードで説明してみます。   筋肉 ピラティスは、普段あまり使っていないコア(体幹)部分の筋肉を鍛えます。 そうすることで、筋肉が正しいバランスを取り戻 …

ピラティスが目指すところ

ピラティスとは深い呼吸にあわせて骨盤・背骨・体幹を調整し、身体のコアの筋肉を強化していくエクササイズです。 1990年代初頭、ドイツ人のジョセフ=ピラティス氏がリハビリ用プログラムとして考案しました。 …

ピラティスとヨガの違い

ピラティスとヨガはよく似ているといわれるのですが、これら2つは全く違うエクササイズです。 まず、呼吸法が違います。 ヨガは腹式呼吸であるのに対し、ピラティスは胸式呼吸なんです。 胸式呼吸とは鼻で吸って …

リラックスして行うことができる

ピラティスは深い呼吸をしながら体をゆっくりと動かして行うため、 非常にリラクックスした状態になることができるエクササイズです。 しかし、普段からストレスが溜まっていてはピラティスだけでは足りないかもし …