お役立ち知識

コアな筋肉の鍛え方

投稿日:2017年5月18日 更新日:

ピラティスにおいて、コアな筋肉(インナーマッスル)を鍛えるのが非常に大切です。

では、具体的にどうやって鍛えればいいのでしょうか?

まず、足を肩幅程度に開いて立ち、両手を下腹部にあてます。

次に、息を吐きながら骨盤の底からゆっくり真上に上昇するようなイメージで、
骨盤底にある筋肉を下から引き締めていきます。

おへそを背中にくっつける感じです。

この時、体の深部にある腹横筋や脊柱起立筋群の中の多読筋が働いています。

息を吸う時は、おへそや骨盤底の筋肉をもとに戻すような感覚で力をゆるめましょう。

初めは慣れないと思いますが、徐々にコアな筋肉(インナーマッスル)を動かす感覚がつかめるはずです。

今まで意識することがなかった筋肉を鍛えると、体の内側から健康的になっていくのを実感できます。

-お役立ち知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

従来のエクササイズとの違い

従来のエクササイズのほとんどは、体の表面の筋肉だけを鍛えるものであったのに対し、 ピラティスは、体の深いところにある目に見えないコアな筋肉を鍛えます。 たとえば、骨盤や背骨のまわり、腹部の筋肉などです …

姿勢を正すことが大切

ピラティスをする上で重要になのが、姿勢です。 姿勢が良くなると骨格が正常になり、筋肉が柔らくなります。 また、神経やホルモンの働き、血液の循環も良くなります。 もし、悪い姿勢のままピラティスを行うと、 …

背骨と骨盤を正す方法

  背骨と骨盤を正す方法 ピラティスを行う上でとても重要な部分であるのが、「背骨」と「骨盤」です。 背骨と骨盤を意識し、その周囲にあるコアな筋肉を鍛えることがピラティスの基本です。 ピラティ …

ピラティスが目指すところ

ピラティスとは深い呼吸にあわせて骨盤・背骨・体幹を調整し、身体のコアの筋肉を強化していくエクササイズです。 1990年代初頭、ドイツ人のジョセフ=ピラティス氏がリハビリ用プログラムとして考案しました。 …

筋肉バランスについて

ピラティスでは、「体幹」と呼ばれる部分を安定させることが一番大切だと言われています。 体幹とは、頭と手足を除いた状態で首の下から恥骨までの部分のことです。 ピラティスによって得られる健康と美容効果はこ …